幼稚園てどんなところ?


子どもの気持ちに寄り添って心身の発育を培う。

幼稚園は就学前3歳〜6歳の子どもたちが、各々の家庭の保護のもと から離れて、初めての集団生活(小さな社会生活)を始めるところです。 幼稚園は就学前の発達の基礎となる様々な力を培う園児のための教育 機関として、幼稚園教育要領に基づく豊かな体験活動のカリキュラム を編集します。 人格形成の大切なこの時期、園児たちはより良い環境の中で、『あそ び』を中心に先生や友達との関わりを大事にした園生活を送ります。 先生たちは日々の子供たちとの関わりの中で、思いをくみとりながら、 保育者としての願いを重ねて保育に取り組んでいます。 子どものより良い発達を促するための研究・研修を重ねたり、家庭と 密に連絡をとり、相互に支え合うことを大切にしているのも幼稚園の 特徴です。 最近では、自ら動き出す「主体性」を育み、『生きる力』や『心の教 育』も大切に考え、21世紀を担う子どもたちの健やかな成長を願っ ています。また、地域に開かれた幼稚園として、地域行事や育児相談 などの試みも始められています。





幼稚園を選ぶポイント

各園で開催している公開保育への参加や園見学ができますので、問い合 わせてみましょう。直接先生方からの園の考え方や雰囲気、入園準備な どを聞くとよいでしょう。運動会などの行事は園児や先生たちの姿を自 分の目で見れる良い機会です。幼稚園選びのポイントにもなります。

通園できる範囲

距離は関係なく通園はOK。また、年齢も満3歳より入園できるように なりました。
園によっては「満3歳」の受け入れをしていないところもあるので問い 合わせがベスト。

入園までの準備

各園の入園案内を問い合わせましょう。書類は入園願書と要項にそって 手続き(住民票など)があります。また、入園に際しておむつがとれてい ない、人見知りする、などの心配は無用。特別なことは事前に先生方に お話すると相談にのって頂けます。4月、5月は「幼稚園の生活に慣れ る」ことが大きなねらいです。集団生活の中で友達の姿をみながら、『 自分でやってみよう』という気持ちが生まれてくるようです。

食事について

例えば週3日間は手作り弁当、残り2日は給食という具合に補完給食を 実施しているところが多いようです。(週1回お弁当というところもある) お弁当と聞くと『めんどうくさい』『週3日もつくれるかしら』と不安 要素もありますが、子どもたちが喜んで手作り弁当を食べている姿を見る とそんな思いも飛んでしまいます。夕食の一品をひとつと、さりげない 『お母さん弁当』は子どもたちには大人気なのです。味覚の育つ大切な 時期。そして家庭の味を大切にするという意味も込められています。
最近はアレルギーなどにより、給食が食べられない子どものために、3 年間お弁当ということも可能。徐々に給食に切り替えて様子を見るとい う方法も先生と相談して進められます。

時間について

保育時間の標準は4時間ですが、実際は登園から降園まで6〜7時間の 園が普通。子育て支援の規制緩和により、幼稚園も預かり保育がOKに。 これにより保育する機能も充実し、今のニーズにあった仕事をもつ母親 などのサポートができるようになったといえるでしょう。
内容に関しては園によって異なるため詳細は各園に問合せがベスト。
過ごし方の一例としては、時間がきたら制服から私服に着替え少しでも 家庭にいるときと同じような環境で、子どもがリラックスできる体制を とっています。
また幼稚園には、夏休みなどの長期の休みがあります。
多くの幼稚園では、長期の休みにおいても自由登園日及び預かり保育制度を 導入しています。

費用について

保育料や各制度は、設置者が決めるため園によって異なりますので希望 の園に問合せを。また、それぞれの市町村で、幼稚園への就園を促進す るとともに、保護者の負担を軽減するため、幼稚園が属する世帯に、所 得額に応じて就園奨励費が交付されます。これは、見逃せません。手続 きも先生たちにしてもらえば簡単にできます。